Active Safety 安全をカタチに、やさしさを機能に
  • HOME
  • お問い合わせ
  • 文字サイズ
  • 小
  • 中
  • 大
  • English

ホーム > 病院・介護施設訪問記 > 高齢者ケア施設 > いっぷく2番館 > レポート

高齢者ケア施設 医療法人社団しただ 介護老人保健施設 いっぷく2番館  様

「こころとからだにくつろぎの『いっぷく』」

新潟県三条市で「かもしか診療所」「訪問看護ステーションとんぼ」「介護老人保健施設いっぷく」「かもしか病院」を運営している医療法人社団しただの2番目の介護老人保健施設として「介護老人保健施設いっぷく2番館」が三条市帯織にオープンした。

「介護老人保健施設いっぷく2番館」はご入居者のプライバシーに配慮した全室完全個室となっており、ユニットケア対応することでご入居者の「暮らしの質」を第一に考えている。田園風景に囲まれ春は緑、秋には黄金色の絨毯、冬は一面の銀世界に白鳥の群れが飛来する。そして、さまざまなイベントを行い、明るく家庭的な雰囲気を醸し出す施設でもある。

【明るく家庭的な雰囲気を醸し出す施設】

2階、3階とも各50床の合計100床からなる介護老人保健施設としては、新潟県内では数少ない全室完全個室ユニットを実現。それぞれのフロアは5つのユニットに区分され、1ユニット10室で構成される。各ユニットは2階が楓(かえで)、桜(さくら)、椿(つばき)、柳(やなぎ)、欅(けやき)、3階が蜜柑(みかん)、林檎(りんご)、柘榴(ざくろ)、葡萄(ぶどう)、檸檬(れもん)と親しみのある名称が付けられている。

日中はユニット共同スペースにて寛いだり、他のご入居者や職員とコミュニケーションをとったりして過ごし、夜間はプライバシーの守られた居室で安心して休むことが出来る。また広い個室なのでご家族の方が泊まりに来られても十分なスペースがある。

居室には快適な生活のための電動ベッド、洗面台、収納床頭台、ワードローブ、エアコン、時計、カレンダーが設置されている。さらに、各ユニットにはキッチンもあり在宅に近い環境として、在宅復帰をめざす介護老人保健施設の理念に沿ったつくりとなっている。

【広いスペースでゆったり寛ぎのデイケアサービス】

1階デイケアルームでは定員30名の通所リハビリテーションを運営している。スペースは290uもありリラックス出来る環境を実現。しかもデイケアルームに隣接した場所に施設内の菜園があり四季折々の作物を眺めながら、悠々と散歩も楽しめる。ご入居者も散歩に訪れることが多いためちょっとした交流の場ともなっている。

デイケアルームにはご入居者フロアとは別に広々とした浴室もあり、時間を気にせず入浴することも出来る。

■今回ご採用いただいた製品
今回ご採用いただいた製品
今回ご採用いただいた製品

FLシリーズは挟み込み予防と自立促進を可能にするボトム一体型サイドレールを採用したセーフティーコンセプトベッド。一方のSHシリーズは従来型のサイドレールや介助バーなどの組合せが可能なスタンダードコンセプトベッド。ご入居者の身体状況に合わせたベッドの選択が可能になり、最適な環境の提供を実現している。なお、ヘッド・フットボードは当施設のイメージカラーでもある桜色を採用し、明るさと暖かさを感じさせる。

製品情報へ→

→ いっぷく2番館 様 物件概要