Active Safety 安全をカタチに、やさしさを機能に
  • HOME
  • お問い合わせ
  • 文字サイズ
  • 小
  • 中
  • 大
  • English

ホーム > 病院・介護施設訪問記 > 医療施設 > 箕面レディースクリニック > レポート

医療施設 医療法人もみじの手 箕面レディースクリニック  様

「真の医療とは何かをテーマにしたレディース・クリニック」

施設外観
外観。大通りから少し離れた静かな環境観

箕面レディースクリニックは、2005年5月全く新しいクリニックとして移転開院を果たした。大阪の中心から北へ約25キロ。近くには「箕面の滝」で有名な箕面国定公園があり、秋は見事にもみじが紅葉するなど豊かな四季を感じることのできる緑豊かな地域である。

狩谷院長は、新クリニックのあり方として、次のようなビジョンを掲げている。

1. 患者さまの思いを最大限に傾聴し、可能な限りその思いを実現できる医療や看護を提案し、提供いたします。
2. 患者さまの「心を癒し、慰める」ことのできる環境づくりに努めます。
3. 患者さまとクリニックの「出会い」と「絆」を大切にし、患者さまの生涯にわたり喜びや悲しみに共感し、支えとなれるようなパートナーシップを築きます。
4. 最新かつ安全な医療を提供できるように、つねに医療技術や看護技術の向上と施設の充実に努めます。

【産前・産後をトータルにサポート】

きめ細やかな妊娠・出産・育児をサポートするため、新たに助産師外来を開設。助産師外来では、着帯指導など妊娠中の個人指導をはじめとし、超音波診断でお腹の赤ちゃんの成長をチェック、最新鋭の4D超音波診断装置によってリアルタイムにお腹の赤ちゃんの背伸びやあくびをしている様子を立体的に見ることができる。授乳期には乳房マッサージで母乳育児をサポートする。

また、インストラクター山口万由美先生の指導によるマタニティヨーガを取り入れ、妊婦さまの心とからだを優しくケアしている。マタニティ・ヨーガは体を柔軟にし、妊娠による腰痛や肩こり等に効果があるという。

陣痛時にはセントラルモニタリングシステムで、分娩監視装置の波形をチェックしてもらえるので安心して出産を迎えることができる。産後のサポートとして、回復期のアロマセラピーサービスや、ベビーマッサージの指導も受けられる。

広いLDRが2室あり、リラックスした環境で赤ちゃんの誕生を迎えられる。ほとんどのご主人が出産に立ち会っていただけるという。病室は全て個室なので、リラックスできるし、家族や友人の訪問にも配慮できる。
DVDの鑑賞や一部のお部屋ではインターネットも利用でき、おもてなしの行き届いたホテルのようなお部屋で、自宅に居るようにくつろいだ時間を過ごすことができる。

そして入院中もっとも楽しみなのが美味しいお食事。元新阪急ホテル料理長緒方親幸シェフによる料理をゆったりとしたダイニングでいただける。週に2度あるフランス料理は、きっとがんばったママへの最高のごほうびになるだろう。

【個々の要望に臨機応変に対応】

妊婦さまは分娩・授乳に対していろいろなプランやご希望を持っておられる。例えば、自然分娩、計画出産、帝王切開後の経腟分娩(VBAC)、ご主人やお子さまの立会い分娩や一緒の入院、カンガルーケア、母児同室、あるいは母乳栄養など。箕面レディースクリニックでは、出来る限り希望に沿った分娩管理ができるよう努力しているという。

箕面レディースクリニックで妊婦さまが経験されるものは、満ちたりた幸福感、色々な不安や望みをしっかり応えてくれる「人としての心の温かさ」ではないだろうか。


■今回ご採用いただいた製品

今回ご採用いただいた製品

ベッドは、各お部屋の内装に合わせてヘッド・フットボード色や仕上げをオリジナルで製作。重厚感のあるダークな色調と木目を活かした明るい色調の2タイプを採用いただきました。一人ひとりの感性に合った雰囲気や親しみやすさなど想いはいろいろですが、妊婦さまが伝えようとする言葉やしぐさ、その想いのひとつひとつをしっかりと受け止め、より大きな安心を生む療養環境をつくりたいと考えました。

ここで出産をお迎えになった皆様に「気分がいい」と感じていただけることが、何より大切です。安心感や安らぎといったメンタルな部分にも響く「モノづくり」へのこだわりを、オーダーメイドで注ぎ込みました。愛しい我が家を離れて過ごす数日間ですが、「愛情と真心をもって妊婦さまとの信頼関係を築く」という箕面レディースクリニックの理念に沿うように、ベッドはただ身を横たえるためのモノではなく、患者さまと看護する人たちの心をつなぐ架け橋になって欲しいと願っています。

製品情報へ→

→ 箕面レディースクリニック 様 物件概要