Active Safety 安全をカタチに、やさしさを機能に
  • HOME
  • お問い合わせ
  • 文字サイズ
  • 小
  • 中
  • 大
  • English

ホーム > 病院・介護施設訪問記 > 高齢者ケア施設 > ローズガーデン条南苑 > レポート

高齢者ケア施設 社会福祉法人 豊中福祉会 特別養護老人ホーム ローズガーデン条南苑   様

「我が家」のように過ごす新世紀の高齢者ケア施設

全館バリアフリーで、廊下やエレベーターでは車椅子にもゆったりとした動線が確保され、隅々まで機能性を重視した設計がなされている。近くには飲食店やショッピングセンターがあり、JR和泉府中駅まで徒歩8分と交通の便もよい。家族にとっては、いつでも訪問できる安心の立地環境にある。

また、保育所を運営している当法人の特性をいかし、保育園児の訪問交流もあるという。子どもたちとの温かなふれあいはシニアライフに活力を与える素晴らしい機会である。介護サービスの提供だけでなく、様々な交流を通じた福祉教育や地域福祉活動の拠点としても注目される。

開放的なエントランス

住まう人と訪れる人を、優しく出迎えるエントランスホールは、ホテルのロビーを思わせる落ち着いた空間。壁面には数々の絵画が飾られるなど、「くつろげる場所」としてのこだわりを感じる。

施設外観 エントランス
特製タイルを使用した品格ある外観 開放的なエントランス

【全室個室・ユニットケア】

入所者の生活スタイルの違いを認識し、個人のプライバシーを尊重した各個室には、トイレ・洗面所を完備。ご家族やお友達のご訪問時も、周囲を気にせずゆっくりとくつろぐ事ができる。

少人数グループの1ユニットごとに食堂、リビングを配置。家庭に近い生活様式で、自分らしく、潤いある暮らしを実現できる。共同生活室は、職員も一緒になってキッチンでお料理を楽しんだり、落ち着いた雰囲気の中で食事ができる”我が家のダイニングキッチン”のよう。

また、5階にはラウンジと喫茶コーナーを併設した浴室があり、介助の程度に関わらず、車椅子による座位入浴、ストレッチャー入浴など同じ浴槽で入浴可能な大きなお風呂でゆったり快適なバスタイムを楽しむことができる。

【安全・環境に配慮された施設】

24時間サービスの施設であり、災害時の不測の事態に対する安全性と生活面の確保から、特に耐震安全性能には余力をもたせた設計としている。また、阪神淡路大震災時に水道水の供給が止まり、トイレ排水に問題が生じたことに鑑み、災害時の水道供給途絶時に対応できるように井戸水による水源確保対応が図られている。

さらに近年問題となっている環境問題に対応するために、省エネルギー化を図るコージェネレーションシステムの採用や、屋上緑化が導入されている。

■今回ご採用いただいた製品
今回ご採用いただいた製品

今回ご採用いただいた製品は、離床支援にこだわった電動ベッドと、収納力たっぷりの特注家具3点セット。
電動ベッドは、下腿に合わせて乗り降りしやすい床高に調節できる調整機能を備えており、また就寝時には、最低床高さ250mmまで低くすることでベッドからの転落による事故防止を図ることができる。

また、今回の機種選定の決め手となったセーフティーサイドレール(ボトム一体型)は、寝返りや、立ち上がり時のサポートバーとして自立生活を支援する大きな役割を果たす。

ベッドの色とデザインを合わせた特注家具は、日常生活に必要なモノを出し入れしやすいよう、身の回り品のサイズを考えて設計。機能的で快適な使い心地を実現している。

製品情報へ→

→ ローズガーデン条南苑 様 物件概要