Active Safety 安全をカタチに、やさしさを機能に
  • HOME
  • お問い合わせ
  • 文字サイズ
  • 小
  • 中
  • 大
  • English

ホーム > 製品情報 > 医療・施設ベッド > 多目的ベッド(DXシリーズ)

多目的ベッド(DXシリーズ)

製品の特長製品情報取扱説明書PDFダウンロード専用オプション

DXシリーズ

電動ヘッドレスト機能

スリム設計

ショック体位ボタン

その他の機能

電動ヘッドレスト機能

体感された方の98%が便利だと回答しました。(バリアフリー2016調べ)

誤嚥リスクを低減・早期離床をお手伝いする電動ヘッドレスト機能

ヘッドレストの角度を0〜30°(無段階/電動式)の範囲で調節

ヘッドレスト機能では、頭頸部の角度を0〜30°(無段階/電動式)の範囲で調節することができます。
顎を引いた姿勢になるので、食事の際などに誤嚥のリスクが低減でき誤嚥性肺炎の予防につながります。

電動ヘッドレスト機能

[業界初機能] 首の角度を調節し、誤嚥の発生を防ぐ電動ヘッドレスト機能

日々食事をするときは座ってテレビ鑑賞したり、談笑したりしています。

しかし、年齢とともに嚥下(えんげ=飲み込む)機能も生理的に低下し始めます。
嚥下機能が低下するとムセたり、痰がでてきたり、体重が減ったり、食事に時間が掛かるなどの症状のサインが現れます。

嚥下機能が低下している方は、首の角度を調節することで誤嚥(ごえん)が起こりにくくなります。

正しいポジショニングのもと、口から食べる事で、自立・早期離床に繋がります。

口腔ケアにも活用

ヘッドレスト機能を使用する事で頭部や上体のポジションが調節しやすく、ベッド上での食事や口腔ケアが行いやすくなります。介護報酬の「経口移行加算」「経口維持加算」にもご活用いただけます。

お客さまの声 電動ヘッドレスト機能

お客さまの声

食事及び口腔ケア時には、枕+三角クッションを用いて行っていたが、ヘッドレスト機能により、安定して介助できるので良い。


お客さまの声

常に頭を上げて欲しいとの訴えが多い方なので、ヘッドレスト機能を使用することで上身全体をそれほど上げなくても納得され、安楽なポジションが保てます。


お客さまの声

目線が前向きになり、視線を合わせやすい。
認知や意識障害のある患者さんにも有効な機能だと感じています。


お客さまの声

後傾のある寝たきり状態の患者さんに、これまでクッションを詰め込み調節していたが、クッションを減らしヘッドレストで対応したところ、きつそうな感じがなくなりました。


お客さまの声

本を読むときや、TVを見るときにも便利。


お客さまの声

寝たきりになると顔が上を向いて口が開いた状態になってしまい、頸部が拘縮し、症状が悪化すると首を曲げられないという症状が起こります。
頸部収縮のリハビリや食事の際、手のひらで後頭部を抑えるのは不安定になるため、結果として頸部の過緊張を促してしまう可能性があります。枕やクッションにおける補正に関しても、それらの固定が十分でないと時間の経過とともに姿勢が崩れてしまい、これも過緊張を促してしまいます。安定した姿勢を保てるヘッドレスト機能は、頸部硬直の患者さんに有効な機能だと感じています。


お客さまの声

妊娠中、ベッドの背床を上げるとお腹が窮屈で高い位置まであげられなかったが、ヘッドレストを使えば前を向いてTVも見やすく、家族やお見舞いの方とも楽な姿勢で会話ができました。


お客さまの声

現状ベッド上で食事をしている方は首が硬直している方が多く、一度、頭を抱えて枕やポジショニングクッションを入れるのに大変苦労していました。そのため、ヘッドレスト機能を利用する事で介護負担軽減になっています。


お客さまの声

頭頸部が固く調整が困難な場合、マットレスの下にタオルを入れて頭頸部角度を軽度屈曲位にしていたが、ヘッドレスト機能を利用することで簡単に必要な角度にすることができるので役立っています。


メリットをご紹介

メリットをご紹介

外来化学療法室で患者さまの容態が急変した際、チェアーでは搬送が難しいため載せ替えの必要があります。

ベッドならそのまま移送が可能で迅速な対応ができます。


透析、化学療法向けチェア並みの省スペース設計・快適機能・搬送性の高さで選ばれています!

お客さまの声 電動ヘッドレスト機能

スリム設計

全幅78cm、省スペースを実現

スリム設計

透析室などでベッドを数多く並べることを考慮し、ベッドサイズはどこよりもスリムな全幅78cmとしました。
省スペース設計なので、機械をベッド周りに設置する場合でもスムーズです。

※ 1床幅73cmタイプで、サイドレールホルダーを収納した場合です。

ショック体位ボタン

血圧低下等のショック症状がある場合に素早く対応

ボタン1つであたまをフラットにして、下肢を挙上するショック体位(脚上げ15cm)に移行することができます。
患者さまに血圧低下等のショック症状(急性全身性循環障害)が見られた場合など、緊急の際にご活用いただけます。

※ 手動ヘッドレストタイプ・ヘッドレスト無しタイプのみの機能です。

スリム設計

その他の機能

垂直ハイロー
手元スイッチ
メッシュボトム・抗菌粉体焼付塗装

お問い合わせ

詳しくは製品カタログをご覧ください

カタログ請求はこちら

各種ご意見・ご質問・ご相談はカスタマーサポートへ

0120-20-1001 フリーコール

受付時間:月曜日〜金曜日 9:00〜17:00
(祝日・夏季休業・年末年始休業は除く)
海外・携帯電話・一部のインターネット回線(IP回線)は
06-6973-3471におかけください