Active Safety 安全をカタチに、やさしさを機能に
  • HOME
  • お問い合わせ
  • 文字サイズ
  • 小
  • 中
  • 大
  • English

ホーム > 製品情報 > 関連製品 > 口腔ケアスポンジ「シーホDEケア」

口腔ケアスポンジ「シーホDEケア」

製品の特長製品ラインナップ

口腔ケアスポンジ「シーホDEケア」

口腔ケアってなーに?

「口腔ケア」とは、「お口のお手入れ」のことです。

お口の4大機能

お口には、「食べる」「話す」「呼吸する」「表情をつくる」という、
4つの大きな機能があります。

4大機能を維持するためには

「食べる」「話す」「呼吸する」「表情をつくる」をスムーズに行うためには、
口腔内がだ液で潤っていることです。
だ液が十分に分泌されず、口腔内が乾燥するとお口の中が汚れやすくなります。

お口の4大機能を維持する以外にも、だ液にはお口の健康を守る大切な働きがあります。
だ液をしっかり分泌させ、お口が潤い、お口の健康を維持するためにも、
ご自分のお口から食べることはとても重要です。

口腔ケアの効果

1.だ液の分泌促進

口腔内が食べ残しや細菌で覆われていると、だ液が出にくくなり、口腔内が乾燥します。
口腔内の汚れを取り除くことにより、口腔内はきれいになり
だ液が少しずつ出てくるようになります。

また、お口の中にはだ液腺と呼ばれるだ液が多く分泌されるポイントがあります。
口腔ケアの際に、スポンジや指などが お口の中のだ液腺に刺激を与え、だ液が出てきます。

2.誤嚥性肺炎予防

誤嚥性肺炎ってなに?

誤嚥性肺炎には、通常食道へいくべき食べ物が誤って気道へ入ってしまうことが
原因であるものと、お口の中のだ液を飲み込む際などに、
その中の細菌が 誤って肺に入ってしまう
ことが原因で起こるものの2種類があります。
高齢者においては、特に睡眠時など知らない間に
だ液を 誤嚥してしまっているケースが多く、死因の高位にあります。

口腔ケアは誤嚥性肺炎を予防する

口腔ケアは誤嚥性肺炎を予防する 対照群19% 口腔ケア群11%

対照群に比べて口腔ケア群では、2年間の肺炎発症率が低くなっています。

出典 / 米山武義ら:介護高齢者に対する口腔衛生の誤嚥性肺炎予防効果に関する研究.日本医学会誌,2001.

3.認知症予防、心臓病予防、糖尿病予防など

口腔ケアの目的

口腔ケアを行う最大の目的は、
QOL(クオリティ・オブ・ライフ=生活の質)を高め、
口腔から、全身の健康維持をすることです。

好きなものを食べる、好きなことを話す、元気に笑うことは
生きていく上で「その人らしさ」を引き出す大切な要素です。

最後に

シーホネンスは誤嚥予防の重要性にいち早く着目し、2014年10月に、
誤嚥リスクを低減させる効果のあるヘッドレスト付き施設・在宅介護用ベッド「和夢 彩」を発売しました。

相乗効果による更なる誤嚥リスク低減を目指し、
ヘッドレスト機能付ベッド、介護用まくら「ハートフルピロー」、
口腔ケアブランド「シ〜ホ DE ケア」をトータルでご提案しています。

ヘッドレスト機能付ベッド&介護まくら(ハートフルピロー)&シーホDEケア 相乗効果による更なる誤嚥リスク低減

お問い合わせ

その他特長など、詳しくはシーホネンス営業または下記からお問い合わせください。

詳しくは製品カタログをご覧ください

カタログ請求はこちら

各種ご意見・ご質問・ご相談はカスタマーサポートへ

0120-20-1001 フリーコール

受付時間:月曜日〜金曜日 9:00〜17:00
(祝日・夏季休業・年末年始休業は除く)
海外・携帯電話・一部のインターネット回線(IP回線)は
06-6973-3471におかけください