安心安全を第一に、電動ベッドを中心とした医療・介護用製品を製造・販売 | 医療・介護用ベッドメーカー

  HOME > お客様サポート > 介護ベッド選びのポイント > 和夢 彩と一般ベッドの違い

customer support
お客様サポート

和夢 彩と一般ベッドの違い

誤嚥リスクの低減

一般的な在宅介護向けベッド

ベッド上での飲食時、飲み込みしやすい姿勢を作る為に、ポジショニングを行う必要があります。

在宅介護向けベッド「和夢 彩」

ヘッドレスト機能で 頭頸部が適切に傾くので誤嚥リスクを低減できる

「ヘッドレスト機能」により頭頸部を30°傾けることができるので、クッション等で毎回ポジショニングを調整する必要がありません。

在宅介護向けベッド 和夢 彩 誤嚥リスク低減

操作ロック機能

一般的な在宅介護向けベッド
  • ロック機能を使用すると、全ての操作が禁止になります。
  • ロック機能はペン先やコインで設定/ 解除します。
在宅介護向けベッド「和夢 彩」

高さを固定して、背上げ・脚上げ機能を使用できるので、乗り降りしやすい高さをキープしながら起き上がりを補助できる

全ての操作ロックだけではなく、高さ操作のみのロックができます。
ご利用者さまが乗り降りしやすい高さを維持しながら背上げ・脚上げ機能で起き上がりを補助し、離床しやすい環境をつくれます。
また、ロック機能は専用キーでのみ操作する事ができます。

在宅介護向けベッド 和夢 彩 動作ロック機能

最高床高

一般的な在宅介護向けベッド

ベッド上での作業時に腰を曲げてしまう動作が発生していました。 

在宅介護向けベッド「和夢 彩」

ベッド最高床高が67.5cm なので介助者の腰痛リスクを低減できる

最高床高が業界最高レベルの67.5cm まで上がるので、ベッド上での作業時に腰を曲げる動作が少なくなりました。

在宅介護向けベッド 和夢 彩 最高床高 腰痛リスク軽減

サイドレール

一般的な在宅介護向けベッド

転落防止のためにサイドレールを4本差してしまうと身体拘束などの問題がありました。

在宅介護向けベッド「和夢 彩」

サイドレールが中央に差せるので閉塞感が無く転落を防止できる

サイドレールの中央差しが可能です。
頭側が開放されるので、閉塞感を感じさせません。
視界が遮られずTV等も見やすくなります。

在宅介護向けベッド 和夢 彩 サイドレール中央挿し 閉塞感無

昇降方法

一般的な在宅介護向けベッド

高さ調整時にベッドがスイングし、ベッドの面積以上にスペースを必要としていました。

在宅介護向けベッド「和夢 彩」

ベッドが垂直に昇降するのでスペースに無駄が無く有効活用できる

高さ調整時にベッドが垂直に昇降するので、無駄なスペースを必要としません。
ボトム幅は90cm幅・83cm幅の2種類ご用意しています。

在宅介護向けベッド 和夢 彩 昇降方法 垂直